経済分析レポート
2014年10-12月期のGDPギャップ

マイナス幅が縮小するも、大幅な需要不足が続く

2015年2月19日

  • エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智

サマリー

◆2014年10-12月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.2%となり、7-9月期の▲2.6%からマイナス幅が0.4%pt縮小した。これは、個人消費の持ち直しの動きが続き、設備投資が3四半期ぶりの増加に転じるなど民間需要が緩やかに改善したことや、米国と中国向けとみられる輸出が増加したことによって、実質GDPがプラス成長に転じたためである。内閣府が近日中に公表する2014年10-12月期のGDPギャップは▲2.4%程度になると予想され、2014年7-9月期の▲2.8%(2015年2月12日の改定値)より0.4%ポイント程度マイナス幅が縮小する見込みである。

◆GDPギャップは、①資本投入要因、②労働投入要因、③TFP(全要素生産性)要因、の3つに分解ができる。今回は、労働投入要因のマイナス寄与が拡大したものの、資本投入要因とTFP要因のマイナス寄与縮小の方が大きくなったことで、GDPギャップのマイナス幅縮小につながった。先行きの日本経済について、当社の基本シナリオでは、実質GDPは緩やかな拡大軌道をたどると考えている。この結果、実質GDP成長率は潜在GDP成長率を上回って推移することになり、GDPギャップは2015年1-3月期以降もマイナス幅を縮小する見込みである。

◆GDPギャップのマイナス幅縮小が小幅に留まったことに加えて、物価の基調を示す指標が冴えない結果になったことを勘案すると、わが国では、デフレ脱却に向けた動きが足踏みを続けていると評価できる。今後の注目点は、原油価格の下落という外性的な要因が物価の押し下げ要因となっている中で、日本銀行が「物価安定の目標」の期限を延長するか否かである。さらに、今後は、原油価格だけでなく、海外中央銀行の金融政策の変更などを通じた為替レートの変化にも注意する必要がある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月29日
第191回日本経済予測 トランプ・ショックで日本経済に何が起きるのか?

書籍・刊行物

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2017

「米国大統領選挙」「Brexit」「中国『バブル』崩壊」「FinTech」・・・私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。本書では、トランプ大統領誕生による米国経済への影響をはじめ、世界経済はどんな仕組みで動いているのか、なぜ世界経済の動きが日本経済に影響を及ぼすのかなどについて、わかりやすく解説しています。