経済分析レポート
量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口

過去の非伝統的金融政策との比較から得るインプリケーション

サマリー

◆本稿では、量的・質的金融緩和と過去の非伝統的金融政策との違いを明確にしたうえで、その違いが出口戦略に与える影響について考察する。

◆同じ量的な指標を操作目標としている量的・質的金融緩和と量的緩和政策であるが、そのオペレーションの内容は供給する資金の量と期間という2つの点で大きく異なる。

◆出口戦略を採る際の日本銀行の財務負担のコストは、当座預金残高(超過準備)の規模、長期国債の残存期間、付利の目標水準、という3つの要素に依存する。

◆量的・質的金融緩和はその継続期間が長くなるほど、日本銀行単独では抱えきれないほどの大きな負担を背負うことになる。このため、木内登英委員の案のように「2年程度の集中的」対応と位置付けて運営を行うことも選択肢の1つとなりうるだろう。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。