経済分析レポート
平成24年度補正予算案の評価~2013年度のGDPを0.7%押し上げ

2014年度以降の反動減に注意

◆2013年1月11日に閣議決定された「日本経済再生に向けた緊急経済対策」を実行すべく、安倍内閣は1月15日に平成24年度補正予算案を閣議決定した。

◆平成24年度補正予算案は10.2兆円と大型の補正となっており、リーマン・ショック後の2009年度の補正に次ぐ規模である。このうち、実質的な公共事業費は4.7兆円程度となっており、公共投資の増分が2013年度のGDPを0.7%ポイント程度押し上げるとみられる。

◆ただし、過去の大型補正予算の際にも見られたように、公共投資の増加の後には大きな反動減が生じる。東日本大震災の被災地向けの公共投資の減少も重なり、2014年度には公共投資がGDPを0.9%ポイント押し下げる見込みである。2014年4月に予定される消費税増税に伴う駆け込み消費の反動減も見込まれるため、2014年度には政策効果によるGDPの押し下げ幅が相当程度生じる見込みである。

◆財政政策には景気のかじ取り役として経済の変動を抑える効果も期待されている。2013年度本予算案の閣議決定も近く行われる予定だが、次年度以降への影響も考慮した上での財政運営に期待したい。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月29日
第191回日本経済予測 トランプ・ショックで日本経済に何が起きるのか?

書籍・刊行物

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2017

「米国大統領選挙」「Brexit」「中国『バブル』崩壊」「FinTech」・・・私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。本書では、トランプ大統領誕生による米国経済への影響をはじめ、世界経済はどんな仕組みで動いているのか、なぜ世界経済の動きが日本経済に影響を及ぼすのかなどについて、わかりやすく解説しています。