経済・社会構造分析レポート 地方経済/地域金融
女性活躍に積極的な地域はどこか(前編)

都市部より地方圏で目立つ女性の有業率の高さ

2017年12月28日

サマリー

◆女性活躍は、女性一人ひとりが自らの意欲や能力に応じて活躍できる社会を目指すものであり、働き方改革でも、最重要課題の一つとして位置づけられている。

◆本稿では、女性活躍について「第4次男女共同参画基本計画」で地域の実情や特性に応じた取組みが求められている点に着目し、都道府県ごとの女性の有業率と管理職比率を整理した。その上で、次稿とセットである本稿では、女性の有業率が高い地域やその要因を探った。

◆女性の有業率が高い地域ではM字カーブの凹みが浅く、女性が就業継続しやすい状況になっている。また、女性の有業率には、地域の賃金水準や保育所の待機問題が関連していると考えられることに加え、正規雇用比率が高い地域で女性の有業率が高いという傾向が強まっている。企業は最近になるほど女性の就業継続に前向きに取り組むようになってきていると考えられ、女性の就業を拡大させるには企業のサポートも重要である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。