経済・社会構造分析レポート
同一労働同一賃金の導入に必要な企業の対応

重要なことは、雇用慣行の良さを維持した職務評価の明確化と透明化

サマリー

◆政府は2017年3月に「働き方改革実行計画」を決定し、同一労働同一賃金の基本的な考え方と法改正の方向性を示した。非正規雇用者の待遇改善に向けて、非正規雇用者も賃金決定に関する労使の話し合いに含まれたことや、曖昧な評価や賃金決定になることを避けるための具体的なガイドラインについて議論が進んだことは、改革の大きなポイントである。

◆職務遂行能力を高めることができる人事制度の適用を受け、それに応じた賃金(職能給)が支払われているのは、基本的には正規雇用者である。そうした雇用慣行の中で、同一労働同一賃金の導入をどのように進めていくかが本質的な課題である。

◆しかしそれは、日本的雇用慣行の良さである人材育成や幅広い業務経験をさせる仕組みそのものを否定することではない。重要なことは、その雇用慣行の良さを維持しながら、様々な雇用形態の雇用者が公正な評価を受け、生産性を高めていけるよう、企業が職務内容や能力の評価基準を明確化・透明化していくことである。

◆人材育成の対象に非正規雇用者を含め、意欲や職務の内容に応じた処遇を行うことは、彼らの人的資本を高め、労働生産性の高い働き方の実現へとつながる。それは、企業側にとっても大きな貢献を期待できるものであり、換言すれば、企業がいかに非正規雇用の待遇改善を考えるかということは、企業の成長にも格差を生じさせ得る重要な課題だろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。