経済・社会構造分析レポート
迅速かつ大胆な改革が急がれる成長戦略

未来投資戦略2017のポイントとその課題

2017年7月12日

サマリー

◆2017年6月、第2次安倍政権誕生以降で5度目の成長戦略(「未来投資戦略2017-Society5.0の実現に向けた改革-」、以下、未来投資戦略)が公表された。今回の成長戦略を一言で言うと、第4次産業革命の時代に相応しいビジネス環境・人材の育成を全国的に展開していくための成長戦略ということになる。

◆今回の成長戦略のポイントは、「データ・人材」「事後規制」「行政手続きの簡素化・オンライン化」である。公共データのオープン化の促進やデータ流通基盤等の整備に加え、規制の「サンドボックス」制度の創設による事後チェックルールの整備、行政のIT化を進めて2020年3月までに重点分野の行政手続コストを20%以上削減するという目標などが新たに盛り込まれた。

◆既にキャッチアップ段階が終わり、少子高齢社会の加速化と、第4次産業革命、グローバル環境といった不確実性が急激に高まっている日本では、「市場機能を高める制度設計」が最も重要な成長戦略である。多様な企業が試行錯誤しながら新規のビジネス(イノベーション)を起こしやすいように、実験的な事業展開ができるビジネス環境を全国で整備すべきだ。そうした市場機能を発揮させる上では、競争、情報公開、信頼性といった機能を市場に持たせることが極めて重要である。

◆今回の未来投資戦略で示された日本の成長戦略は、まだ旧来型の産業育成の発想が残るものの、規制の「サンドボックス」制度の創設や行政手続きの簡素化・オンライン化など、市場機能を高める政策が取り上げられた点は高く評価できる。その一方で、行政手続の簡素化では改革のスピード感と規模で不十分であり、段階的な改革に留まっている印象を受ける。国内の状況を見るだけでなく、海外の状況を十分勘案した上で、危機感を持った迅速かつ大胆な政策形成が急がれる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年7月19日
「こども保険」をどのように考えるか

2017年7月11日
日本の住宅市場が抱える問題~貸家バブルを考える~

書籍・刊行物

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2017

「米国大統領選挙」「Brexit」「中国『バブル』崩壊」「FinTech」・・・私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。本書では、トランプ大統領誕生による米国経済への影響をはじめ、世界経済はどんな仕組みで動いているのか、なぜ世界経済の動きが日本経済に影響を及ぼすのかなどについて、わかりやすく解説しています。