経済・社会構造分析レポート
余暇の変化で増えるインターネット消費

「旅行関係費」「食料」「衣類・履物」等の消費拡大に期待が高まる

2017年6月7日

サマリー

◆本稿では、余暇の過ごし方の一つとして「インターネット」が急速に普及している様子を確認するとともに、インターネットを通じた消費動向について見ていく。

◆「インターネット」があらゆる年代に浸透してきたことで、ネットショッピングが消費者にとって身近な買い物手段になりつつある。

◆世帯主年齢60歳未満の世帯ではネットショッピングの支出額が大きい。また、世帯主が退職する前後に当たる50~79歳世帯では、「旅行関係費」や「保険」などのサービス系分野の支出割合が大きくなる。

◆地域別に見ると、東北や北陸などではネットショッピングの支出額が少なく、さらにネットショッピングの中身が物販系にやや偏っている傾向が見られる。

◆余暇時間が増加してインターネット利用時間が一層増大すれば、それに伴いネットショッピングも増加する可能性がある。ネットショッピングに占める割合の大きい「旅行関係費」や「食料」「衣類・履物」などに加え、特に高齢化の進むような地域では「保健・医療」「保険」でもインターネットを通じた消費が伸びるものと思われる。

◆そのため、これらの市場に関連する企業は、ネット対応を一層強化するとともに、ニーズを捉えた商品やサービスの充実といった戦略を打ち出すことで、売上拡大が期待できるだろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。