経済・社会構造分析レポート 米国経済
オバマケアはどう変わるか?

米国医療制度の転換となるか、トランプ氏の本気度が問われる

2016年12月5日

サマリー

◆11月8日、米大統領選が行われ、次期大統領として共和党候補の実業家ドナルド・トランプ氏の就任が決定した。本稿では、トランプ氏が公約で、廃止し、新たなヘルスケアプランに置き換える(repeal and replace Obamacare)としていた医療保険改革法(The Patient Protection and Affordable Care Act of 2010、以下、オバマケア)を含む医療政策について、現時点で考えられる今後の動きや課題を整理する。

◆トランプ氏は大統領就任後、短期間のうちに、オバマケアを撤廃するとしているが、財政と直接関連しない多くの部分についての改正は難しく、オバマケア全体に大きな修正が加えられる可能性は低いだろう。特に、一般に保険購入が容易でないと考えられる人の保険加入のハードルを下げるなど、皆保険の方向性については残す方針のようだ。

◆その一方、オバマ政権下で拡大していた政府の役割を縮小し、市場を重視した医療への移行を目指すとしているが、個々の政策については課題も少なくない。

◆単純なオバマケア撤廃だけでも、今後10年間(2016年度~2025年度)の財政赤字への影響は、合計3,530億ドルの拡大になると、2015年に米議会予算局(CBO)は試算している。トランプ氏が主張する市場を重視した改革によっても、医療費の抑制は容易ではないと思われる。

◆しかしながら、トランプ氏が、共和党主流派が掲げる改革に止まらず、ユニバーサルカバレッジの実現と並行して、公正な競争環境や医療の質を保証する規制の整備など、政府の適切な関与が行われるような改革にまで踏み込めば、米国医療制度は大きな転機を迎えることになるかもしれない。現実には、共和党との調整など難しい面は多いだろうが、トランプ次期大統領の、医療制度改革に対する本気度と、財政運営に対する手腕が問われよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。