経済・社会構造分析レポート
一括りにしてはいけないインバウンド

外国人旅行者の季節性、地域性等に配慮した適切な対応が求められる

2016年9月8日

  • 経済調査部 エコノミスト 笠原 滝平

サマリー

◆2015年の訪日外客数は1,974万人と2012年対比で倍以上に増加。さらに、政府は2020年に4,000万人、2030年に6,000万人を目標に掲げており、観光先進国に向けた取り組みが進む中、インバウンド関連データへの関心が高まっている。

◆一般的に時系列データには季節性が含まれていることが多く、見方を誤れば間違った判断をしかねない。そこで訪日外客数の季節性に着目すると、学校の長期休暇や花見、紅葉のシーズンに増加する傾向があり、一方で梅雨など天候が悪い時期、長期休暇の端境期などで減少する傾向がある。

◆さらに、国・地域に分けてデータを確認すると、中国の春節の時期は訪日外客数の増加が期待されるが、実際にはそれほど多くないことがわかった。また、10月にはヨーロッパやアメリカなど遠方からの訪日客が増加することなど、国・地域ごとに特徴があることがわかった。

◆百貨店の売上が増えるなどインバウンドに関する明るい話題が多い中、宿泊施設が不足するなどの問題点も指摘されている。訪日外客数をさらに増やすためには供給制約の緩和が重要である。さらに、今回見てきたような訪日外客の季節性や地域性、目的を捉え、ターゲットを絞ったPRを行い訪日客の分散を促すといった対策を講じることも、インバウンドのさらなる拡大に寄与すると期待される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。