経済・社会構造分析レポート
米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの

『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載

サマリー

米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、量的緩和とフォワードガイダンスにより金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が量的緩和の規模を縮小し、終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。

米国金融政策の変調は、国際的な流動性供給の縮小や、国際的裁定を通じた要求収益率の上昇を通じて世界経済に大きな影響をもたらし得る。この懸念が金融市場の「リスクオン」ムードを「リスクオフ」に転換させた結果、リスク資産の価格低下を招いてきた。

この点に鑑みると、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)の決定は市場の懸念を後退させるものだったと評価できる。緩和の継続が維持されたことそのものよりも、景気への配慮や長期金利の急速な上昇に対する懸念が緩和継続の理由として示されたことが、市場の懸念を後退させる効果を持つためである。

無論、遠からぬ先に米国の金融政策の転換が見込まれる以上、米国の長期金利はいずれ再び上昇に転じる可能性が高いし、金融政策の緩和スタンスをFRBが継続するかは引き続き注視しておく必要がある。米国の金融政策は今後も世界経済および金融市場に決定的な影響を及ぼし続けていくだろう。


大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年7月19日
「こども保険」をどのように考えるか

2017年7月11日
日本の住宅市場が抱える問題~貸家バブルを考える~

書籍・刊行物

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2017

「米国大統領選挙」「Brexit」「中国『バブル』崩壊」「FinTech」・・・私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。本書では、トランプ大統領誕生による米国経済への影響をはじめ、世界経済はどんな仕組みで動いているのか、なぜ世界経済の動きが日本経済に影響を及ぼすのかなどについて、わかりやすく解説しています。