ESGレポート
日本企業の人材育成制度の導入状況と財務パフォーマンス(下)

~人材育成に関する制度の導入状況とROA、ROEの関係~

サマリー

◆分析に必要なデータが取得できた日本の上場企業を対象に、人材育成に関する制度の導入状況とROAやROEの水準の関係を調べたところ、以下の結果を得た。

◆「資格・技能検定の取得奨励制度」は制度の導入なしよりも導入ありのグループのROAやROEの水準が高く、ROAやROEと何らかの関係がある可能性が示唆された。

◆他の制度については、導入の有無によるROAやROEの水準の差はそれほど大きくはないが、やはり関係している可能性はある。特に、分析対象とした制度のすべてを導入していない場合、何らかの制度を導入しているグループに比べてROAやROEが非常に低い水準にとどまっており、人材育成制度の導入がROAやROEの水準と関係していることが補強された。

◆本稿の分析は、人材育成制度とROAやROEとの因果関係を示すものではないが、これらの分析結果は、人材の教育・育成が期待通りに将来の企業価値に影響していることを示唆している。企業が人材育成をさらに強化することで、企業の成長性や持続可能性が向上することが期待される。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。