ESGレポート 地方経済/地域金融 経済・社会構造分析レポート
大都市圏を中心に深刻化する2025年に向けた高齢者の居住問題

解決策は、住まいをベースとした「地域包括ケアシステム」

サマリー

◆日本の少子高齢化の急速な進展は、社会に様々な問題を生み出し、特に高齢者等の居住環境の問題に対する対応は、喫緊の課題である。65歳以上の高齢者(以下、高齢者)及び40~64歳の要介護者の95%は「自宅及び自宅に準ずる施設」で生活している。「高齢者がいる世帯」の半数超は「一人暮らし」「夫婦のみ」で生活している世帯であり、子なしや子の居住地不詳や居住地が片道1時間以上かかる等の要因により、子による生活支援・介護等が期待できない世帯も約半数に達する。

◆「高齢者がいる世帯」のうち「一定のバリアフリー化」が施された住宅に住んでいる世帯は41.2%であり、高齢者等は転落・転倒による事故を起こしやすい居住環境で生活をしているといえる。さらに、街には高齢者にとって障害も多くあり、特に大都市・賃貸住宅に住んでいる高齢者にとって外出しづらい傾向がある。

◆このように、現状では、高齢者等が、住み慣れた地域で安心して暮らしていくには、住まいや街の課題が多い。その解決策として、政府が、団塊世代の全員が後期高齢者に移行し終える2025年を目途として、全国各地での「地域包括ケアシステム」の構築を推進している。特に、高齢者数が2040年に向けて2015年比で20万~104万人増加すると見込まれている東京圏等の大都市圏において、重点的に推進される見込みとなっている。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。