ESGレポート
日本企業のCO2排出量の状況と企業パフォーマンスとの関係(後編①)

~企業パフォーマンスを業種要因と企業要因に分解し、業種の影響を考慮してCO2排出量との関係を分析~

サマリー

◆データが取得できた上場企業を対象に、2014年度の売上高当たりCO2排出量の水準で企業を二分すると、排出量の水準が小さい企業の方がROAとROEが高い。業種構成の違いを考慮するために、ROAやROEを業種要因と企業要因に分解すると、企業要因による部分の高いことが結果に影響していることがわかった。

◆リターンについても同様に、5.5年間保有リターンを業種要因と企業要因に分解すると、売上高当たりCO2排出量が大きい企業よりも小さい企業のリターンが高いのは、企業要因リターンが高いことが寄与している。

◆同様に、売上高当たりCO2排出量の増減率では、排出量が増加した企業よりも減少した企業のリターンが高いが、これも企業要因によるリターンが高いことが寄与している。また、排出量の減少率が高い企業の企業要因によるリターンが高く、逆に排出量の増加率が高い企業の企業要因リターンが低い。

◆売上高当たりCO2排出量は環境効率性の指標の1つと考えられる。本稿の分析は因果関係を示すものではないが、業種の影響を除いても、環境効率性と企業パフォーマンスとの間に何らかの関係が存在する可能性を示唆するのではないか。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。