ESGレポート 金融資本市場
FinTechから金融イノベーションへ

~金融業のエコシステムに影響を与えるイノベーションとは~『大和総研調査季報』 2016年7月夏季号(Vol.23)掲載

サマリー

FinTechから金融イノベーションは創出されているのか、将来的に創出されるのか。本稿では、金融イノベーションは「プロダクト、プロセス、ソーシャル、セキュリティの4つのイノベーションを総合して、相乗効果を生むことによって創出される」と定義した。

この定義に当てはめると、金融業における多くのFinTechの適用例はプロセス・イノベーションにとどまる。ただし、保険業では、AI×ビッグデータ×IoTによる社会およびサービス産業の変革によって、従来の保険リスク自体が根本的に変化し、ソーシャル・イノベーションまで進展する可能性がある。また、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトが、金融業界のみならず他の業界にもプロダクト・イノベーションを生み出す可能性がある。なお、いずれの業種・分野においても、セキュリティ・イノベーションは大きな課題として認識される。

金融イノベーションを実現するのは金融機関とは限らない。金融機関は、5~10年後を見据えて、コア顧客の選定、効率化、経営資源の再配分などを迅速に行うとともに、競争を勝ち抜くための覚悟が求められていると言えよう。


大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。