ESGレポート
アベノミクス新・第3の矢「介護離職ゼロ」と介護費抑制の同時実現に向けて(前編)

~中重度の特養ホーム入所待機者の解消が急務~

サマリー

◆アベノミクスの第2ステージの目標である「一億総活躍社会の実現」のために、新・第3の矢「安心につながる社会保障(介護離職ゼロ)」が掲げられている。この中で、特別養護老人ホーム(特養ホーム)等の施設サービスを中心とする介護サービスの拡充が計画されている。

◆介護サービスは、介護保険制度の2000年4月の施行以降、全ての要介護者区分において、施設等サービス(施設・居住系サービス)よりも、在宅での居宅サービスの受給が進んでいる。そのうち、中重度者(要介護3~5)の居宅サービスの受給者数が増加しており、これが介護費増加、介護離職の主因となっている。

◆介護費用の面では、中重度者の居宅サービスの受給者の中には、施設等サービスを受給した場合よりも介護費負担が高額となるケースが生じており、経済的な負担が重くなる傾向にある。

◆介護者の負担面では、自宅での中重度者の介護時間は半日~終日必要となるケースも多く、医療・看護連携の必要性や、介護者にとって精神的・身体的負担も重いことから、介護・看護を理由に離職する者が増えている。これが社会的な課題となっている。

◆新・第3の矢は、在宅介護から施設介護への回帰政策であるとの批判がされることも多い。しかし、特養ホームへの入居待機者数は、2014年時点で52.3万人にのぼり、特に中重度者の待機者が多い。特養ホームの整備によって入所待機者の解消が進めば、介護者の負担を軽減し離職を減らすだけでなく、介護費の抑制も同時に可能となるだろう。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。