ESGレポート
COP21に向けた地球温暖化対策(その6)

COP21が、いよいよ開幕へ。交渉の見どころを探る。

2015年11月27日

サマリー

◆2020年以降の新しい国際枠組等の合意を目指してCOP21が開幕する。ほぼ全ての国(178か国)が約束草案の提出を済ませており、交渉の準備は整った。しかし、公平で実効性の担保に必要な、法的義務の範囲や先進国と途上国の差異化等に係る課題が残されており、合意内容は予断を許さない状況にある。交渉が難航した場合、法的合意の範囲は、全ての国に共通する、気候変動対策の基本的な内容にとどまることも想定される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。