ESGレポート
ソーシャルメディアを利用する企業が急増

BtoC企業の活用を参考にIR やCSR でのエンゲージメントに生かせるか

2011年3月15日

資本市場調査部 環境・CSR調査課 小黒 由貴子

サマリー

◆ソーシャルメディアの中でもTwitterとFacebookを使った企業情報の提供が急増している。2009年末においては欧米企業の利用が多く、大企業では8割以上が提供していた。アジアの企業は2010年に入ってから利用が急増しており、増加率では欧米を越えている。主な目的は商品情報やタイムリーな企業情報の提供で、流通・食品・サービスなどBtoC業界での利用が多い。

◆米国ではソーシャルメディアを使ったIR情報の提供が増えているが、双方向性を生かしている例は少ない。CSR情報の提供については、さらに事例が少ない。しかし新商品などへのコメントを利用した商品開発やカスタマーサービスへの活用も出てきていることから、ソーシャルメディアは本業に関連したステークホルダーとの交流に役立っているといえる。このマーケティング的な活用を参考に、IRやCSR活動のエンゲージメント強化の一手段として活用することも考えられる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。