ESGレポート
中国における水環境問題

深刻化する水質汚染問題の現状と中央政府の施策

2008年11月5日

経営戦略研究部 横塚 仁士

サマリー

◆中国では水資源量が伸び悩むと同時に水質汚染が深刻化しており、中国での水へのアクセスは困難な状態になりつつある。

◆中国政府は国策として環境保護を進めており、08年6月の「水質汚染防止法」の施行をはじめ水汚染防止のための対策を強化するなど汚染物質の排出削減に向けた施策に取り組んでいる。

◆日本企業を含めた外資系企業も水汚染防止にどのように取り組んでいくかが問われており、企業は自社の活動による水質汚染を防ぐための最大限の環境活動を行うべきである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ