ESGレポート
2007年のM&A動向レビュー(1) 敵対的TOB

~株主価値を創出する能力を競うプロセス~

2008年3月14日

経営戦略研究所 藤島 裕三

サマリー

◆ 2007年のM&A件数は前年比2.8%減の2,696件となった(レコフ調べ)。本シリーズでは同年のM&A動向を主要なテーマごとに概観する。第一回目は敵対的TOB。

◆ 敵対的TOBは近年、数件ながら着実に増加している。株式持ち合いの解消や外国人投資家の増加に加えて、敵対的買収が経営戦略として一般に認知されたため。

◆ 経営を規律付けるのに敵対的TOBは寄与する。そのプロセスにおいては資本市場の尺度に従って、買収者と経営陣が公明正大に価値創出力を競い合うべきである。

2007年のM&A動向レビュー(1) 敵対的TOB
 ~株主価値を創出する能力を競うプロセス~
2007年のM&A動向レビュー(2) 三角合併
 ~クロスボーダーM&Aに不可欠なツール~
2007年のM&A動向レビュー(3) MBO
 ~慎重かつ適切な運用を要する「両刃の剣」~
2007年のM&A動向レビュー(4) 買収防衛策
 ~「複合」事前警告型スタンダードが確立~

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ