ESGレポート
企業業績はガバナンスと相関するのか?

~2006年JCGR調査報告の概要と分析~

2007年3月30日

経営戦略研究所 主任研究員 藤島 裕三

サマリー

◆2006年12月1日、JCGR(日本コーポレートガバナンス研究所、若杉敬明理事長)は、東証一部上場会社を対象としたコーポレートガバナンス調査の報告を行った。

◆アンケート調査に基づきコーポレートガバナンスの状態を指標化したJCGIndexを作成企業業績や株式投資収益率などとの関連について分析している。

◆調査によれば、JCGIndexが高い企業ほどROAが優れているものの、ROEと株式投資収益率については逆の結果も出ている。従業員数の伸びにも解釈の余地がある。

◆カテゴリー別に見ると、ガバナンスそのものに対する取り組みを表す「企業目標と経営者の責任体制」と「取締役会の構成と機能」のスコアが、相対的に低くなっている。

◆最もROAとの相関性が高いのは「取締役会の構成と機能」である。狭義のガバナンス改革と企業業績の間には、一定の相関関係が存在することが推測される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ