環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し

化石燃料に依存するエネルギー社会には、供給が不安定になる懸念や価格高騰などのリスクがあり、その利用による地球環境への影響も危惧されている。エネルギーのS+3Eを達成していくために、さまざまなエネルギーへの関心が高まる中、地球上に大量に存在する水素は、その選択肢の一つとして海外からも注目されている。そこでこの特集では、水素に関わる取り組み等の状況を概観しながら、次世代エネルギーとしての水素の可能性について考えてみたい。

レポート一覧

バックナンバー

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。