見て、聞いて、ちょっと未来を考える
見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第8回

規制改革は意識改革とともに~つくば市・つくばモビリティロボット実験特区~

2014年5月16日

サマリー

つくば市は、2011年3月に「つくばモビリティロボット実験特区」として構造改革特区の認定を受け、搭乗型移動支援ロボットの公道での実験を開始しました。搭乗型移動支援ロボットとは、歩行速度に近いスピードで走行する超小型の乗り物です。工場などで使われる産業用ロボットと違って、我々、生活者のすぐそばで活動する「生活支援ロボット」です。既存の自動車より小さい1~2人乗りのパーソナルモビリティや超小型モビリティといわれる乗り物など類似した概念も多いですが、つくばモビリティロボット実験では歩道を走行するという特徴があります。今回は、この実験を推進する国際戦略総合特区推進部科学技術振興課に、モビリティロボットの効果と今後の展開について、お話を伺いました。

第1回 下水と電力の関係 ~葛西水再生センター~
第2回 ぬるい水の力 ~新砂三丁目地区冷暖房事業~
第3回 スマートな横串 ~東京工業大学・環境エネルギーイノベーション棟~
第4回 余剰と時間差の有効活用 ~東京都・葛西給水所~
第5回 エネルギーとおいしい水の関係 ~東京都・朝霞浄水場~
第6回 オープンが主体性を育む ~千葉市・市民協働型実証実験「ちばレポ」~
第7回 複数の視点で評価する ~渋谷区立渋谷本町学園・地中熱ヒートポンプ~

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。