見て、聞いて、ちょっと未来を考える
見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第6回

オープンが主体性を育む~千葉市・市民協働型実証実験「ちばレポ」~

2014年2月19日

サマリー

最近、オープンデータという言葉をよく見聞きするようになりました。オープンデータとは、民間などで自由に二次利用できるようにコンピュータなどの機械が判読可能な形式で一般公開されたデータを指し、特に政府や自治体などの公的機関の持つ情報をオープンデータにすることが世界的に求められています。オープンデータは、オープンガバメント、すなわち、行政の透明性や信頼性の向上と共に、市民参加や官民連携を促すことによる公共サービスの効率化や多様なニーズへの対応を実現するために必須です。米国の「オープンガバメント指令」では、オープンガバメントの3原則を、Transparency(透明性)、Participation(国民参加)、Collaboration(政府間および官民の連携・協業)としています。今回は、Participation(国民参加)に相当するICTを活用した市民協働型のまちづくりを目指す実証実験「ちば市民協働レポート実証実験(ちばレポ)」について、千葉市の総務局次長/情報統括副管理者(CIO補佐監)である三木浩平氏にお話を伺いました。

第1回 下水と電力の関係 ~葛西水再生センター~
第2回 ぬるい水の力 ~新砂三丁目地区冷暖房事業~
第3回 スマートな横串 ~東京工業大学・環境エネルギーイノベーション棟~
第4回 余剰と時間差の有効活用 ~東京都・葛西給水所~
第5回 エネルギーとおいしい水の関係 ~東京都・朝霞浄水場~

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。