ESGニュース
CO₂排出規制リスクと海外投資家の動向

化石燃料関連企業へのダイベストメント・エンゲージメントの拡大

2015年2月16日

サマリー

◆COP21に向けて気候変動対策をめぐる国際交渉が進んでいる。今後CO₂排出規制が抜本的に強化されれば、エネルギーに関連する企業には大きな影響が及ぶ可能性がある。

◆世界のエネルギー関連企業のCO₂排出規制リスク対応を見ると、CO₂排出規制を事業リスクと捉える企業は一定の割合に達しているものの、その対応には企業によりかなりの差がある。

◆この問題に関して、欧米の投資家の間では、化石燃料に関連する企業から投資を引き揚げる動き(ダイベストメント)やCO₂排出規制リスクに対応した経営戦略を求める動き(エンゲージメント)が拡大している。

◆環境・社会・ガバナンス(ESG)に着目するESG投資は欧米を中心に拡大している。日本の株式市場における外国人投資家のプレゼンスは増しており、ESG投資が広がるなか、日本の化石燃料関連企業に対しても、CO₂排出規制リスクへの対応を求める声が高まる可能性がある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。