ESGニュース
自動車・交通政策にみる自動運転

2014年11月20日

サマリー

◆経済産業省の「自動車産業戦略2014」では、研究開発を進める重点分野の一つに自動運転があり、高齢者の交通事故増加や交通渋滞の激化などへの対応策として自動運転の性能向上や普及拡大を挙げている。国土交通省の「交通政策基本計画(案)」では、運転の安全性や快適性の向上、渋滞の解消、高齢者の移動支援への対策として自動運転の技術開発や制度整備を検討するとしている。

◆日本の自動運転はASV(Advanced Safety Vehicle:先進安全自動車)やITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)の中で発展してきており、両省の資料とも自動運転について「官民ITS構想・ロードマップ」を踏まえて検討するとしている。

◆自動運転には技術的課題のほかに、法制度、社会受容性、国際標準などの課題もある。しかし「交通事故の低減」、「交通渋滞の緩和」、「環境負荷の低減」、「高齢者等の移動支援」、「運転の快適性の向上」という5つの効果と、イノベーションによる産業活性化への期待は高く、今後も研究・開発が進められるだろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。