世界経済・政治研究所
2014年1月 「中国とアフリカの金融提携の新たな進展について」

2014年5月16日

  • 張春宇
  • 唐軍

サマリー

アフリカの金融業の発展レベルは不均衡であることから、対外金融提携のニーズは多様化しており、さらに経済発展に向けた融資資金の不足など実際的な問題に直面してもいる。ここ数年、中国の金融業はアフリカ進出のペースを加速させており、中国とアフリカの金融提携は着実に成果をあげている。提携地域は年々拡大し、提携する分野も増え、レベルも徐々に高くなっている。今後数年以内に中国側の政府系金融機関はその政策とは関連のない金融業務へ進出し、中国側の銀行、証券、保険など金融機関のアフリカにおける業務はますます拡大する。その過程で、クロスボーダーの人民元による決済業務が中国側金融機関のアフリカで業務を発展させていく強みであり成長ポイントとなるであろう。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ