世界経済・政治研究所
2012年7月  「IMFが為替レートの不均衡を評価する際に使用する新しい方法「EBA」の論評」

2012年8月30日

  • 張明

サマリー

1997年から現在に至るまで、IMFはCGER(Consultative Group on Exchange Rates)による為替の評価法を使用して加盟国の経常赤字の不均衡を確定し、対応する為替政策を策定してきた。この評価法を使用していくにあたり、いくつかの問題や欠点が現れたことから、IMFは2012年に新たな為替評価法「EBA(External Balance Assessment)」を打ち出した。本レポートでは、EBAについてポイントを説明、CGERとの違いを比較し、EBAの長所と課題について分析を行った。

※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ