計量経済・技術経済研究所
2012年9月 「収入の不確実性、公共積立金の制限と住宅購入援助~中国都市世帯調査データに基づく実証分析」

2012年9月28日

  • 周京奎

サマリー

本レポートでは、二期の不確実性下におけるモデルを構築し、都市世帯の調査データを利用して、収入の不確実性がある条件下での公共積立金の制限が家庭の住宅購入に与える影響を検証した。その結果、失業の不確実性が住民の基本的な住宅購入に対してマイナスの影響を著しく及ぼすこと、また、公共積立金の制限を緩和することが住宅購入にとって有益であり、改善型住宅の需要に対しても顕著な影響があることが判明した。収入の不確実性は、公共積立金の制限を変更することを通じ、家庭の住宅購入に影響を生じさせるが、中でも、改善型住宅については、社会的経済的地位が比較的低い家庭が受ける影響がより顕著になる。

※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ