中国社会科学院 計量経済・技術経済研究所

国内唯一の計量経済と技術経済の理論方法と応用研究が一体となった総合的な国家研究機関です。10の研究室や「計量経済技術経済研究」編集部、及びネットワーク情報センターなどを有しています。他に7つの学術研究センターも管理しています。

大和総研は2011年10月に中国社会科学院と共同研究、論文等の相互掲載・出版、セミナーの共催、人材交流等に関する包括提携の覚書を締結しています。

計量経済・技術経済研究所の概要

主な役割、業務

  • システム科学と経済学理論を基礎とし、数学ツールと経済学理論を応用した経済システムの分析研究
  • 経済計量学及び経済計量学の中国経済の各領域での応用を研究
    (経済モデルの研究開発、経済予測や構造分析、政策シミュレーションを行っているのが特徴)
  • 環境経済学、生態経済学、持続可能な発展理論とその応用を研究
  • エネルギー資源技術経済、地域経済研究、観光経済、人的資源開発と管理、地域と都市の経済研究
  • 技術経済理論と方法の研究についての専門的な取り組み、学科建設を担当
  • 計量経済学学科の基本的建設を担い、計量経済学理論と方法について研究
  • 情報化とネットワーク経済理論・方法論の研究、情報化の過程における重大な問題の追跡、情報化と社会経済発展との関係研究、企業の情報化及び電子ビジネス問題の研究、電子政務問題の研究など
  • 金融問題の計量分析理論と方法、その応用研究に従事し、金融問題について分析を行い、経済方策の決定や企業金融の実際の運用のための情報を提供
  • 社会経済や人類の生活環境の異なるサイクルから生じる問題についての研究
  • 技術経済学と計量経済学に関連する理論方法を利用した、国民経済の発展過程における産業階層の重大な技術経済問題についての対策と研究

レポート一覧

バックナンバー

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ