日本研究所
2012年9月 「中日国交正常化40周年の歴史的思考」

2012年11月7日

  • 呂耀東

サマリー

中国と日本は同じ東アジアの2つの大国として、互いに国際政治・経済の構造変化を受けつつ、それぞれ国内の影響も受けながら協力や競争、摩擦など複雑な様相を呈している。中日国交正常化40年の経験と教訓を総括し、理性的に中日関係の変化に対応することは、中日両国の相互関係をコントロールする重要な鍵となっている。

※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ