金融研究所
2014年3月 「中央銀行のコミュニケーション:理論、戦略、効果」

2014年4月11日

  • 万志宏
  • 曽剛

サマリー

この十数年間で、各国中央銀行が行う金融政策の理念と実践には重要な変化が生まれた。中央銀行は市場や国民とのコミュニケーションを強化し始め、実践する政策の透明性を高めている。2008年以降、伝統的金融政策の効力が失われたことで、各国中央銀行は市場や国民の期待に直接働きかけることを目的に、今後の金融政策の方向性を示す「フォワードガイダンス」の導入を推進してきた。この非伝統的な金融政策は関連する理論や実証研究に刺激を与えている。本レポートでは、まず関連分野の最新研究を整理し、中央銀行によるコミュニケーションの概念や理論がどのように変化してきたかについて体系的にまとめる。そして中央銀行がコミュニケーションを実践する上での戦略、メカニズム、効果に関する研究の進展を探究することで、同分野の今後の研究の方向性を示していく。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ