金融研究所
2014年1月 「中国人の生命保険加入率の変化及び傾向の分析」

2014年3月13日

  • 周華林
  • 郭金龍

サマリー

本レポートでは中国のある大手生命保険会社の顧客の契約情報をもとに、年齢別に個人の定期保険、終身保険、生死混合保険、年金保険の加入率(=被保険者のある年齢における加入数/被保険者が生涯で加入する加入総数)の変化や傾向について分析を行った。その結果、生命保険のニーズについて以下のことが判明した。①ニーズは年齢層によって6段階に分けられる。②保険商品開発の戦略がニーズに対し比較的大きな影響を与える。③保障内容次第でニーズは大きく異なる。また、幼年層(3歳~10歳)の加入率が生命保険の加入者数全体を牽引する役割が顕著である。一方で、被保険者が未成年である場合、終身保険及び配当付き終身保険には比較的大きな解約リスクが存在することから、保険会社には未成年層に対する商品開発を慎重に行うことを提案する。生命保険加入のニーズが高くなったことで、保険商品が同質化したものの、加入数の急激な増加につながっていない。このことから、保険会社には生命保険の保障機能に着目して、より多くのサービスを顧客にもたらす商品の開発を求めたい。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ