金融研究所
2013年8月 「管理の刷新と中小規模銀行改革 ――新昌農村合作銀行による資金収支管理の実例分析」

2013年10月4日

  • 李広子
  • 曽剛

サマリー

中小規模の銀行の経営改革をどのように行うかというテーマは、学者・実務者が最近注目している重要テーマの一つである。業務面の刷新に注目したこれまでの多くの研究と異なり、本稿では管理の刷新が中小の銀行の経営に対して与える重要な影響について強調している。新昌農村合作銀行(浙江省)が行った資金収支の管理を例として、管理レベルが相対的に遅れている中小の銀行がいかにして管理の刷新を進めていくかについて考察を行った。本稿での分析結果から、中小の銀行は、先進的な管理方法と管理技術を利用する管理の刷新の実施によって、業務構造、資産の質、オペレーショナルリスク、収益力などの面で明らかな改善が可能であることがわかった。つまり、管理の刷新は中小銀行が経営改革を実施する有効な手段の一つであると言える。このほかに、本稿では中小の銀行が管理の刷新を行う上でのキーポイントや、他の銀行が行った改革事例についても紹介している。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ