中国社会科学院 金融研究所

9つの研究室を有し、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、重要思想「3つの代表」と科学的発展観の指導のもと、全面的かつ体系的に国内外の金融(理論、政策、法規、管理、市場、メカニズム、商品、サービス)について研究することを主要な任務としています。

大和総研は2011年10月に中国社会科学院と共同研究、論文等の相互掲載・出版、セミナーの共催、人材交流等に関する包括提携の覚書を締結しています。

金融研究所の概要

主な役割、業務

  • マクロ経済政策と通貨金融政策を制定
  • 中国独自の金融学理論体系サービスの確立
  • 地方行政機関による地域の金融業発展に対するサポート
  • 金融研究や金融実務の人材育成
  • 国内外の金融学術機関との交流や共同研究
  • 国内外の金融機関や企業への研究成果や情報の提供

貨幣理論・貨幣政策研究室、金融市場研究室、構造金融研究室、国際金融と国際経済研究室、保険・社会保障研究室、法・金融研究室、銀行研究室、企業金融研究室、金融実験研究室など9つの研究室と「金融評論」編集部や、金融政策研究センター、不動産金融研究センターなどの専門研究機関があり、他の研究所や企業などと設立した研究拠点もあります。

金融研究所では金融学の修士、博士の院生を教育し学位授与も行っています。また、上海交通大学安泰学院と共同で金融EMBAクラスも開設しています。

レポート一覧

バックナンバー

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ