金融資本市場
預金取扱機関の外債処分の動きは一段落か

国際収支統計・金融収支動向(2017年4-6月期)

2017年8月15日

サマリー

◆2017年4—6月期の金融収支は+4.6兆円の黒字(速報値)だった。2016年末から見られていた中長期債の売り越しが一服したこと等から証券投資の赤字幅が縮小した一方で、直接投資の黒字幅が縮小したこと等が確認できた。

◆対外直接投資は+4.1兆円の取得超となった。地域別に見ると対欧州が+1.8兆円、対北米が+1.4兆円、対アジアが+0.9兆円となっている。

◆対外証券投資は、+3.4兆円の取得超だった。株式・投資ファンド持分が引き続き取得超となったことに加え、2016年末からの預金取扱機関による中長期債の売り越しが一服したことが確認できた。対内証券投資は+4.6兆円の取得超だった。

◆その他投資の資産サイド(+1.8兆円)は貸付の減少を主因にプラス幅が減少した。負債サイド(+1.6兆円)は主な資金流入要因だった短期の借入(+0.7兆円)による流入額が減少したことで、資金流入が大幅に減少した。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出