金融資本市場
中国 不良債権問題の現状と解決への課題

潜在的不良債権の存在とDES、ABSによる不良債権処理について

2016年5月26日

サマリー

◆中国の銀行監督当局の公表によれば、中国の銀行が抱える不良債権総額は2016年3月末時点で約1.4兆元に達し、貸出総額に占める不良債権比率は1.75%となっている。

◆不良債権比率は低水準にあるが、潜在的な不良債権の存在、および中国経済の構造転換の過程での不良債権の顕在化が懸念されている。

◆不良債権処理方法について当局はデットエクイティスワップ(DES)と資産担保証券(ABS)の活用を企図している。

◆DESの実施においては再生見込みのある企業の選別および経営改善に向けた仕組み作りが特に重要となろう。ABS発行の際には、適切な情報開示とこれを担保する監督体制等が求められる。

◆当局が資本市場を活用する形での不良債権処理を企図していることは、中国の資本市場の発展および、今後のモラルハザードの防止に繋がることが期待できるのではないか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出