金融資本市場
インフラ輸出を支援する公的金融

「質の高いインフラ」整備を実現するための機能強化

2015年8月14日

サマリー

◆近年、わが国ではインフラ輸出の推進が提唱されており、「インフラシステム輸出戦略」が策定され、さまざまな施策が進められている。

◆資金面では、ODAや政策金融の活用、貿易保険の強化、官民ファンドの創設など、公的な機関の機能強化が進められている。具体的には、JICA、JBIC、NEXI、JOIN、(株)海外通信・放送・郵便事業支援機構などに関する取組みが、「質の高いインフラ」整備に貢献することが期待される。

◆インフラ輸出の推進は、わが国の成長戦略のみならず、安全保障にも大きく関係する。そうした観点も踏まえつつ、インフラ輸出を持続的なものとするためには、現地国の社会経済環境の向上に資するという視点が求められよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出