金融資本市場
"アジアナンバーワン"の取引所が果たす役割

日本・香港・シンガポールの取引所は競合関係なのか

2015年1月23日

  • 金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美

サマリー

◆アジアの中で国際金融センターとして名前が挙がるのは、東京(日本)・香港・シンガポールである。その3都市にある取引所の中では、規模からいえば日本取引所グループが最も大きく、次いで香港取引所、シンガポール取引所(SGX)となる。

◆日本の場合、取引所は日本経済の成長を支える形で発展してきた。一方の香港・シンガポールは、取引所自体が経済成長の一翼を担う立場である。香港取引所もSGXも中国企業の取り込みやデリバティブ商品等の拡充に力を入れているが、これは国や地域の戦略の一環とも言えるだろう。

◆アジア域内では欧米のように国や地域をまたいだ取引所の再編は起きていないが、香港取引所・上海証券取引所・深セン証券取引所の“中国連合”や、SGXを中心とした“ASEAN連合”のように、緩い枠組みはでき始めている。日本の取引所とこれらの関係は“競合”に見られることも多いが、各国・地域における取引所の役割・戦略は三者三様である。アジア金融・資本市場の発展のためには、三者が相互に協力し、ともに発展することが望ましい。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革