金融資本市場
金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資、コーポレートガバナンスにかかわる実態調査

2014年度オルタナティブ投資アンケート結果

サマリー

◆大和総研では、全国の97金融法人(都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、生保・損保)及び89の年金基金(厚生年金基金、企業年金基金、公的年金)を対象にオルタナティブ投資状況のアンケート調査を実施した。

◆本アンケートは2005年度の開始以来10回目となる。調査の実施期間は2014年10月24日から11月21日で、全国の年金基金(1,124基金)・金融法人(335社)を送付対象として、原則、郵送形式で実施した。金融法人については、市場金融部門及び総合企画部門から別々に回答を得ることで、投資家・発行体としてのスタンスの違いを区分けしている。

◆アンケートは全部で78項目にわたり、以下の分類で集計している。

  1. オルタナティブ投資全体・今後の年金運用・有価証券運用の方向性
  2. バーゼル規制の実態調査、バンク・ファイナンス(コンティンジェント・キャピタル、カバード・ボンド)
  3. コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コード
  4. アジア・エマージング投資
  5. インフラ投資(再生可能エネルギー含む)
  6. ヘッジファンド投資
  7. 不動産投資
  8. プライベートエクイティ投資
  9. クレジット・ストラクチャード投資(証券化商品等)

◆金融法人では、アンケート開始以来一貫して減少していたヘッジファンド投資が、前年度から遂に上昇に転じている。バーゼルⅡによるルックスルーの強化や、リーマン・ショックによる大幅なパフォーマンスの悪化などが要因で、採用が抑制され続けていたが、ここに来て反転したことは注目に値する。

◆年金基金では、インフラ投資や私募REITなどが増加傾向にあり、今後のオルタナティブ投資を牽引する商品として期待できる。一方、解散を控えた厚生年金基金からはGPIFの資産比率にポートフォリオ全体を連動させるという意見も多く、オルタナティブ投資や、内外株式比率を低下させる声が相次いだ。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革