金融資本市場
3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

企業金融関連DIは堅調だが、先行きに不透明感

2014年4月3日

サマリー

◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年3月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIが前回調査と同じ8%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%ptプラスの15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善がみられる。業況判断の改善に伴い、企業の資金繰りも安定していること、また金融機関が貸出を積極化しているものとみられる。

◆借入金利水準判断DIは-7%pt(最近)と前回調査から2%ptマイナスとなった。足元の借入金利は低下しているものの、先行き判断は前回調査と同じ4%ptとなっており、企業の金利先高観は強い。

◆2014年4月から消費税率が引き上げられたこともあり、2014年度の第1四半期に関しては一時的に景気が落ち込むことが予想されている。短観の業況判断DI(先行き)からも、先行き3ヶ月の業況悪化を予測する企業が多いことが窺える。売上げの低迷は企業のキャッシュフローにも悪影響を及ぼすことから、次回の短観においては、企業金融関連DIが一時的に悪化する可能性がある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出