金融資本市場
みんなのためのインフラ更新と国土強靭化①

国土強靭化の論点と課題

2013年5月7日

サマリー

◆「国土強靭化」は、防災・減災を強化した国土構想を改めて定め、持続可能な国家機能と社会の構築を図ろうとする概念であり、中心となるのはインフラの強化である。

◆本稿ではインフラに関する多様な論点の主なものについて整理することにより、これから本格化するインフラ更新・再構築のあり方を国民・住民みんなで考えるための一助とする。

◆国民・住民の観点からインフラの老朽化対策を含む持続性を考えるにあたって、所有主体及び経営主体の分類ごとに課題を考えると整理しやすいであろう。

◆料金徴収が可能なインフラ群で公有公営のものは、事業者の再編等も視野に入れて、民間活用の自由度を高める方向が考えられよう。料金徴収が難しいインフラ群は、インフラ全体の再最適化を図る観点がより求められよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出