金融資本市場
停滞する日本の対内直接投資

雇用・賃金と投資資金の維持のためには対内直接投資の増加が必要

2013年3月25日

サマリー

◆2012年の世界ベースのクロスボーダーの直接投資は2011年よりも減少した。目立って減少したのは欧米向けの直接投資であり、新興国向けの直接投資に大きな減少は見られなかった。日本の対内直接投資は、2012年12月の大幅な流入超過により、年トータルでも流入超となった。日本の対内直接投資残高を見ると、長期的に増加傾向にあるものの他の先進国に比べて低水準であることが分かる。

◆日本は経常収支が黒字であることから、資本収支の一項目である純直接投資は流出超になりやすいといえる。一方で、同じ経常収支黒字国であるドイツのように純直接投資は流出超でありながらも、対内直接投資の水準が日本より高い国もある。日本は他の先進国に比べて安価な労働力と技術力という点に魅力があるものの、「市場としての魅力(GDP成長率等)」が低い。また、先進国の中では「インフラの充実度(定期船サービス等)」が低水準であることから、対内直接投資が低水準で推移していると考えられる。

◆対内直接投資は、雇用・賃金の維持と投資資金の供給という観点から日本にとって重要である。現時点において、日本の雇用・賃金に対する対内直接投資の貢献度は低い。雇用や賃金、さらには研究開発費に対する対内直接投資の貢献度が高いドイツのように、日本も対内直接投資の恩恵を受ける余地があると言えよう。

◆日本の企業は貯蓄投資バランスで見た場合、貯蓄超過状態となっており、投資を行う資金を有しているといえる。しかし、日本企業のM&Aや事業拡大のための設備投資資金は、ともに海外へと向かっており、国内向けの投資水準を維持するためにも海外からの直接投資の増加が期待される。

◆ドイツは対内直接投資を呼び込むために、豊富な人材や充実したインフラ、研究開発環境という自国の強みを海外へアピールしてきた。日本もドイツの経験を参考に、海外企業から評価されている生産・開発拠点としての日本の魅力を最大限にアピールする必要があるのではなかろうか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出