金融資本市場
世界の年金基金の資産運用動向

金融危機後の株式市場の回復で良好な運用結果となってはいるが、積立比率はあまり改善していない。中長期的には株式から債券へ運用の中心がシフトも。

2011年6月10日

資本市場調査部 金融調査課 森 祐司

サマリー

◆OECD諸国の年金基金(私的年金)の総資産額は、長期的な経済成長と人口増加によって2007年に18.7兆ドルまで積み上がった。2008年の経済金融危機によって総資産額は3.5兆ドル減少したが、2009年は回復し、総資産額は16.8兆ドルとなった。

◆世界の年金基金の資産配分は、概ね債券投資を中心とする国が多い。各国年金基金の総資産額は危機以前の水準に戻りつつあるが、資産配分の動向を見ると、危機以前の運用方法とは異なる様相を見せ始めている。

◆日本をはじめ、先進国を中心とするOECD加盟国では全般的に高齢化が進行中である。さらに、金融危機によって、年金基金がリスク回避的になってきていること、また規制変化や国際会計基準の変更などがあることから、米国の企業年金を中心に資産配分を株式から債券に移す動きが目立つようになってきている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革