大和総研
大和総研専務取締役 鈴木孝一がCIO Magazine/Online「CIO Award 2011-MVP」を受賞

2011年9月16日

  • 株式会社大和総研

株式会社大和総研 専務取締役の鈴木孝一が、9月14日、CIO Magazine/Online(注)の選考する「CIO Award 2011」におきまして「Most Valuable Person」に選ばれました。

CIO Magazine/Onlineは、以下を受賞の理由としています。

<受賞の理由>(CIO Magazine/Online「CIO Award 2011」資料より)

「2002年から約8年にわたり大和証券グループのシステム刷新に取り組み、その過程で仮想化技術を用いたインフラ統合も主導。明確なビジョンと戦略の下、技術革新を先駆的に取り組み、自社ITのドラスティックな改革を強力に推し進められてこられました。またその取り組みは、「日本初の勘定系システムへのLinuxの適用」で大きな話題を呼んだ大和ネクスト銀行の礎ともなっています。

さらに、大和総研の専務取締役に着任された後の2010年10月には、基幹システムでの利用に耐えうるクラウド環境/クラウド技術の標準化を目指した企業グループ「アライアンスクラウド推進ソサエティ」を発足。標準プラットフォームを起点にしたユーザー企業同士、およびユーザーとメーカーとの協業の重要性を唱え、ユーザー企業全体におけるITレベルの底上げと、IT業界全体の国際競争力の向上にも取り組まれておられます。そのリーダーシップと、業界全体への貢献度、影響力の大きさは特筆すべきものです。」

◆株式会社大和総研 専務取締役 鈴木孝一のコメント

大和証券グループのシステム刷新への取り組みに対して、このような賞を頂き大変光栄に思っております。新システムではシステム全体を自らが統制し、常にコントローラブルな状態を保つために、機能分割と標準化を推進してまいりました。その結果、システムを安定稼動させながらも、高度化するシステム技術の採用を可能とする、ビジネスの柔軟性への対応力に優れたシステムが構築できました。

大和総研では、大和証券グループにおけるシステムの先導役として、基幹システムに適合した信頼性の高いシステムサービスを「アライアンスクラウド推進ソサエティ」の活動を通じて向上させて参ります。多くの企業の方に、ガバナンスの効いたシステムサービスの安心感を体感して頂きたいと思います。

引き続き、利用者主導でのITの利便性向上を目指し、日本の情報技術の益々の発展のため、新たな技術の活用や価値創出に取り組んでまいります。

  • 注記 CIO Magazine/Onlineについて

    「CIO Magazine/Online」は、IDGジャパン/IDGインタラクティブの提供する企業のIT戦略を推進されるCIO、およびそれに準ずる役職者の方を対象にしたメディアです。米国IDGが1986年に立ち上げたCIO Magazineの日本版として2000年に創刊され、現在、北中米、カナダ、欧州、インド、中国、韓国などで姉妹メディアが刊行・運営されています。

    IDGジャパン/IDGインタラクティブは、米国マサチュセッツ州ボストンに本拠を構えるIDG (International Data Group 会長Patrick J. McGovern) の100%出資子会社です。米国IDGは、1964年に創設された世界最大規模のIT(情報技術)関連メディア・カンパニーです。現在は、世界約90カ国で、およそ460のWebメディアと、700ブランドのコンファレンス/展示会、さらには200誌・紙に上る紙媒体を展開しており、それらメディアの読者/来場者総数は世界合計で2億7千万人に達しています。

本件に関するお問い合わせ

当件に関するお問い合わせ先
株式会社大和総研 経営企画部広報課 豊田
TEL:03-5620-5429 E-mail: press@dir.co.jp

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®