大和総研
第一回業種別企業収益マクロ型予測

2003年7月1日

2003年度増収・増益は可能か?

大和総研金利為替調査部は当社のマクロ経済予測(2003年5月)をもとにトップダウン・アプローチによる企業収益予測を行った。東証1部企業(1364社対象、単体ベース)の収益を推計したところ、全産業では売上+0.3%、営業利益+4.3%となった。03年度の収益は昨年度減収・増益から増収・増益に転換する。一方、マクロ前提をコンセンサス予測ベースにすると、03年度は減収となる。売上は-0.5%、営業利益は+1.5%となる。GDPの年度内成長がゼロ%となるこの前提では、増益率はゼロ近傍まで低下する可能性が出てくる。

関連資料

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®