大和総研
配当減税の影響試算、株価は4.3%上昇

2003年3月3日

大和総研制度調査室は、2月20日に平成15年度税制改正案のうちの配当減税だけで、株価は4.3%上昇し、株式時価総額は11兆円増加するとの試算を行った。今回の減税内容を速やかに実現し、今後の二元的所得税の実施へとつなげていく必要がある。

関連資料

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®