人材育成の考え方

人材こそシンクタンクの価値を決める 人事部 人材開発課長 伊藤 美雪

「人を育てる」企業文化

「人材こそシンクタンクの価値を決める」。革新的なサービスを提供するための競争力、その源泉は「人」であり、私たちは「人」の持つ価値によって発展を目指しています。大和総研グループでは、社員各々が業務に合わせた専門スキルや、年次・役割に応じたビジネススキル、ヒューマンスキルを磨くため、さまざまな研修プログラムを実施しています。
新たな価値を創出し続けるためには、チーム全体の力を最大化することが不可欠です。そのため、さまざまな能力を持った社員一人ひとりが成長し、実力を発揮することが何よりも求められます。だからこそ、私たちはチーム一丸となって若手を育て、チャレンジを評価しようという気持ちを強く持っています。当社グループには、体系的な人材育成制度に加え、会社全体として「人を育てる文化」が醸成されています。


プロフェッショナルを目指す

プロフェッショナルへと成長するには「自ら学ぶ」という意志が欠かせません。大和総研グループでは、より高度な次元を目指すプロフェッショナル志向に応えるべく、社員のキャリア形成をサポートしています。キャリアパスは、決して固定化された画一的なものではありません。社員は日々の業務や自己研鑚を通じ、さまざまな経験をすることで、自らが志向するキャリアを形成していきます。
必ずやり遂げるのがプロフェッショナル。現状に満足することなく、常に高い目標を設定し、どうすれば達成できるのかを考え、チャレンジし続ける人材を求めています。
学生のみなさんにはぜひ、高いモチベーションと希望を持って入社していただき、大和総研グループの未来を担う一員として、成長という大きな喜びを味わってほしいと思っています。