社員紹介

“経営の意志”
に関わり、
企業の成長を
サポートする

伊藤 亮太伊藤 亮太

調査・資料作成などの実務面を担当

私が所属する部署は、企業などのM&Aや組織再編、人事制度などに関するコンサルティングやソリューションの提供を行っています。私は、主にM&A支援や純粋持株会社化支援などの組織再編に関するアドバイザリー、コンサルティング業務を専門としており、上司とともにお客様から要望のヒアリングを行う他、調査から資料作成、お客様への説明などの実務面を担当しています。大和総研グループ内では、国内外のマクロ分析を担当するリサーチ部門と連携するとともに、大和証券の法人ネットワークを通じた案件受注もあるため、大和証券の法人営業部門とも綿密に連絡を取り合って仕事をしています。

ひとりでやり遂げたことが大きな自信に

今の部署に配属されて半年後、ある企業に対するM&A支援の案件を上司と2人のチームで対応することになりました。実務に関しては、実質的に私1人でこなさなければならず、調査、資料作成、そしてお客様へのプレゼンと、プレッシャーと戦いながら何とかやり遂げました。結果として、お客様にご納得いただくことができ、また、社内的にも良い評価を受けることができました。この経験は私にとって「ここでやっていける!」という自信を持てるきっかけになったと思います。
仕事柄、企業の経営者や役員の方々と面会しますが、若いうちから企業の“経営の意志”に触れられることがこの仕事のやりがいのひとつだと思います。企業のトップの方々は知識も経験も豊富なので、こちらも生半可な勉強では会話についていくことさえできません。経営・会計・税務・法律と幅広い分野を自ら学ぶとともに、現場での経験を重ね、知識やスキルの習得を常に心がけています。

社内外で仕事の目的を意識

私たちのコンサルティング業務は、基本的に顧客の要望ありきの仕事なので、世の中の流れによって求められるものも変わってきます。それに対応できるよう、さまざまなことに興味を持ち、新しいものを吸収していかなければなりません。その点、自分の知識欲の強さはひとつの武器になると感じています。また、常に意識しているのは、「何のためにしている仕事か」を考えることです。仕事には必ず目的があります。社外的にも、社内的にも、相手が本当に求めているものは何かを意識することで、お客様との関係では案件の進捗がスムーズになったり、上司や先輩・同僚からは信頼を得ることができると思っています。

顧客に頼られる存在を目指す

今後は、M&Aや組織再編の専門性を高めるとともに、これまで関わっていないテーマのコンサルティング案件にも携わりたいです。経営戦略から人事戦略まで、顧客のニーズに幅広く対応しながら、企業の成長に資する仕事をしていきたいと考えています。そして、企業の経営者が悩んだときに、「大和の伊藤に相談したら、何かヒントをくれるのではないか。」と思われるような存在になりたいです。

1日のスケジュール

8:30 出社
メールチェック、いくつかのメディアでニュースをチェック(新聞は出勤途中の電車で読んでおく)
9:00 M&Aアドバイザリープロジェクトに関する社内作業
10:30 社内プロジェクトに関する打ち合わせ(副部長クラス2名と私1名)
11:00 午後の顧客訪問の資料準備
11:30 昼食
13:00 顧客先でのミーティング①(組織再編プロジェクト)
15:00 顧客先でのミーティング②(組織再編プロジェクト)
17:00 帰社し、議事録作成等の顧客訪問後作業
18:30 M&Aアドバイザリープロジェクトに関する社内作業
19:30 翌日の出張の準備
20:00 退社