私たちの事業

シンクタンクとは

社会を導く、頭脳集団

日本において一般的にシンクタンクとは政治・経済・科学技術など幅広い領域における専門家を集めた研究機関のことをいいます。「Think tank=頭脳集団」という名の通り、高度な知見を用いて、社会をあるべき姿へと導いていく存在です。社会開発や政策決定などの問題や経営戦略などについて調査・分析し、問題解決や将来予測といった提言を行っています。

独自性を活かしてサービスを展開

シンクタンクの多くは、母体となる企業の調査部や電子計算部などから独立したことに由来しています。そうしたリサーチやシステム構築の強みを活かし、各シンクタンクは独自のサービスを展開しています。


大和総研グループとは

大和総研グループは、1989年に設立された「国内有数の総合シンクタンク」です。
「リサーチ」「コンサルティング」業務および大和証券グループ向けの「システム」事業を行う「大和総研」と、グループ以外のお客様に向けて「システム」事業を行う「大和総研ビジネス・イノベーション」を中核に、新たな価値を提供する専門家集団です。
「リサーチ」「コンサルティング」「システム」という3つの機能を備えた独自の強みを活かし、各機能が相互に連携し、社会に対して付加価値の高い情報サービスを提供。
世界最高水準の「知」を駆使して、革新的な未来を創造し続けています。


私たちの強み

3つの分野で相互に連携し、アクションまで踏み込む

大和総研グループ最大の強みは「リサーチ」「コンサルティング」「システム」という3つの機能を持ち合わせていること。高度な調査・分析、提言力を誇るリサーチ部門が日本社会の活性化に向けた政策提言、未来予測を行い、数多くの課題に向き合ってきたコンサルティング部門が戦略まで踏み込んで国や企業を支え、技術力とシステム開発力に優れたシステム部門がそれらを実現するITソリューションを提供する。「描く」だけでなく「アクション」まで踏み込んでいくシンクタンクは、世界的にも稀有な存在であり、その独自性が競争力の源泉となっています。

国内外問わず、多様な分野に貢献

私たちのもうひとつの強み。それは国内有数のシンクタンクとして、グループ内のみならず、さまざまなお客様に対して新たな価値を提供していることです。これらは大和総研グループが提供する価値の高さの証明であり、幅広い分野に事業を展開することで得られる知見・経験は、より高度なソリューションの実現につながっていくものでもあります。大和証券グループ向けのサービスで培ってきた「知」を幅広いお客様に向けて発展させていくことで、さらに新たな「知」を育み、お客様の企業価値向上、ならびに社会に対して貢献しています。