ダイワインターネットTV

証券情報をわかりやすく ダイワインターネットTV

最新マーケット情報や商品・サービス、IR情報などを映像と音声によりわかりやすくお届けする先進のサービスです。

オフィシャルサイト 新しいウィンドウで開きます

大和スペシャリストレポート

大和証券グループが誇るスペシャリストが、話題のトピックを独自の視点で分析・解説!新鮮な情報を広く深くお届けするクオリティの高いリサーチレポートです。



海外経済

欧州経済・金融見通し ~ブレグジット交渉に行き詰る英国~

2016年6月に実施された国民投票の結果、EUからの離脱が決定した英国。2019年3月の期限に向け今年の6月からブレグジット交渉がスタートしました。しかしながら実質的に何も決まらない状況が続いています。今後のブレグジットに向けたスケジュール、課題、さまざまな問題点、再選挙のリスクシナリオまで、現地英国から鋭く解説します。



金融資本市場

最近の内部留保を巡る動き NEW

10月の総選挙中、希望の党が内部留保課税を政策に打ち出したことから、急速に関心が高まりました。金融庁も企業の手元資金を成長投資へ活用するための指針作りに取組む動きもみられています。そこで、そもそも内部留保とはなにか。内部留保に課税するといった場合、何に課税され、その使い道は。この議論が今後どのように発展していく可能性があるのかなどを解説します。

中国:収まってきた海外への資本流出

昨年後半、中国では国内から資本が流出していることが問題視されていた。それが今年に入り、流出額は縮小、再び中国にお金が流入している状況に転じている。資本流出が抑制されてきた背景と今後の資本流出入安定化のカギとなる人民元相場との関係を解説する。



5分でわかるリサーチレポート

 

日本経済

同一労働同一賃金の導入に必要な企業の対応

働き方改革が求められるなか、同一労働同一賃金の必要性も議論されるようになってきた。日本の雇用慣行、賃金制度を踏まえ、導入に向け必要とされる企業側の対応を解説する。

   

アーカイブ

特別企画 「2017年経済・マーケット展望」

どうなる2017年!日本経済と世界経済

2016年12月22日
  • 解説者 理事長 武藤 敏郎

2017年の日本経済・金融市場展望

2017年の欧州経済・金融見通し「“トランプ大統領誕生”が欧州の選挙イヤーに影響を与える」

2017年度税制改正大綱のポイント